ハグルの洋楽カラオケ~カタカナの歌詞で簡単に歌える~

80~90年代の洋楽をカタカナで歌ってみるブログ

怪僧ラスプーチン★Rasputinをカタカナで歌ってみよう~ボニーM~

ドイツのバンド、ボニーMが歌った、怪僧ラスプーチン
帝政ロシア末期の怪人物、ラスプーチンのことを綴った歌です。宗教家としての経歴、奇怪な逸話、女性関係まで、精力を尽くして生きた人の、壮絶な最期を迎えるまでのストーリーを、ドラマチックな音楽にのせて、歌っています。ディスコブーム時代、ミリオンヒットになりました。
動画はイメージです。予め、ご了承下さい。

デラッダ サットゥ メーン
イン ラシャ ロンガゴー 
ヒーワズ ビッグ エン ストローン
インヒズ アイザ フレイミン グロウ
モストゥ ピポー ルッカ ティム
ウィズ テラー エン ウィズ フィー
バッタ マスカウ チックス ヒーワズ
サッチャ ラヴリ ディー

ヒークッ プリーチ ダ バイボー
ライカ プリーチャー
フーロブ エクスタシ エン ファーィ 
バーリ オーソー
ワズ ダ カインドブ ティーチャー
ウィーメン ウッ ディザーイ

ラー ラー ラスプーチン
ラヴァ オブダ ラシアン クイーン
デアワザ キャッザッツ リリ ワズ ゴーン
ラー ラー ラスプーチン
ラッシャズ グレイテスト ラヴ マシーン
イツワザ シェイムハーウ ヒキャリ オーン

ヒ ルーザ ラッシャン ラーンドゥ
エン ネヴァ マインダ ザー
バダ カーザーチョック ヒーダンス
リリー ウンダバー
アーラ フェザ ステイトゥ
ヒー ワズダ マントゥ プリーズ
バトゥ ヒーワズ リォル グレイトゥ ウェンヒー
ハダ ガウトゥ スクイーズ

フォーダ クイーン ヒーワズノ ウィラディーラー
ゾウ シー ハダ スィングシー ダ-ン
シー ビリーヴィ ワザ ホリ ヒーラー
フーウッ ヒー ハ サーン

ラー ラー ラスプーチン
ラヴァ オブダ ラシアン クイーン
デアワザ キャッザッツ リリ ワズ ゴーン
ラー ラー ラスプーチン
ラッシャズ グレイテスト ラヴ マシーン
イツワザ シェイム ハーウ ヒキャリ オーン

バッウェン ヒズ ドリンキン
アン ラスティン アン ヒズハンガー
フォーパワー ビケイム ノウントゥ
モーエン モー ピーポー
ダ デメーンズ トゥ ドゥ サムティン
アバウトゥ ディス アウトレイジャス
マン ビケイム ラウダー エン ラウダー

ディス メンズ ジャス ガラゴー
ディクレアディズ エネミーズ
バッダ レイディス ベッ ドンチュ
チュライトゥ ドゥーイッ プリーズ

ノ ダウ ディス ラスプーチン
(ハダ) ロッゾフ ヒッドゥン チャームズ
ゾヒー ワズ エイ ブルー
デイ ジャス フェリントゥ ヒザームズ

デーン ワンナイ サム メンナブ
ハイア スタンディン
セットア チュラップ デ ノットゥブレーイム
カーム トゥ ヴィズィ
アスデ ケプ ディメーンディン
エン ヒー リ-リー ケイム

ラー ラー ラスプーチン
ラヴァ オブダ ラシアン クイーン
デ プッツォ ポーイズン
イントゥー ヒズ ワイン
ラー ラー ラスプーチン
ラッシャズ グレイテスト ラヴ マシーン
ヒ ジュランキッ オーラン
セッラフィ ファーイン

ラー ラー ラスプーチン
ラヴァ オブダ ラシアン クイーン
デディドゥン クイッツデイ
ウォンティズ ヘーッドゥ
ラー ラー ラスプーチン
ラッシャズ グレイテスト ラヴ マシーン
アンソデ ショッヒム ティリ
ワズ デーッ(ドゥ)

オウ ドーズ ラシアンズ

f:id:chipmunksmau:20190504132832j:plain

★意訳です

昔 ロシアにある男が住んでいた
彼は大きく強く
彼の目には燃えたつ輝きがあった
ほとんどの人々は
身がすくむような恐怖で畏れるが
モスクワの女たちは彼を愛した

彼は牧師のように聖書を説き
預言をし 情熱に溢れる彼は
教師のようでもあった
女たちが望むような

ラ ラ ラスプーチン
ロシアの女帝の愛人
あぶない人物
ラ ラ ラスプーチン
ロシアの偉大なラブマシーン
情事にふける彼は 恥知らず

彼はロシアの地を支配し
皇帝を気にかけない
彼のコサックダンスは実に見事
国家のすべての問題を順調に治め
抱きしめたい女がいれば
彼はより力を発揮する

女王にとって
彼は悪い男ではなかった
彼がしてきたことを聞いても
彼が聖なる癒しの人と信じていた
他に誰が息子を癒すというのか

  (中略)

彼は酒と欲に飢え
権力は多くの人々に知られ
この男をどうにかしてくれと
要求する声は次第に大きくなっていく

この男を追いだそうと 敵は言い
そんなことはやめてと女達は懇願する
ラスプーチン
隠れた魅力があるのは間違いがない
総あたりにもかかわらず
女たちは ただ彼の腕に落ちた

ある夜 地位の高い男たちが
罠をしかけた 無理もないことだ
彼らは頼み続けた
我々のところへ来てくれないか?
そして彼はついにやってきた

ラ ラ ラスプーチン
ロシアの女帝の愛人
彼らはワインに毒を入れた
ラ ラ ラスプーチン
ロシアの偉大なラブマシーン
彼はそれをすべて飲んで言った
”いいワインだ”

ラ ラ ラスプーチン
ロシアの女帝の愛人
彼らはあきらめない
彼の首がほしいからだ
ラ ラ ラスプーチン
ロシアの女帝の愛人
彼らは 死ぬまで彼を撃ち続ける

ロシア人のやつら・・・

f:id:chipmunksmau:20190504133105j:plain

★グレゴリー・ラスプーチン
ロマノフ王朝時代のラスプーチンの逸話は数多くあります。ラスプーチンは、ロシアの宗教家。皇太子アレクセイの病気を治療し、皇室の信頼を得て、政治にかかわるようになりましたが、権力が強大になるにつれ、反対派が現れ、後に貴族たちに暗殺されました。
聖僧として人々を魅了した反面、反感も買い、毒を盛られても効果がないなど、とにかく強さが際立つ人物であったため、ラスプーチンは、怪僧の異名を持つようになりました。

f:id:chipmunksmau:20190504133034j:plain

★他の曲はこちらです

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com