ハグルの洋楽カラオケ~カタカナの歌詞で簡単に歌える~

80~90年代の洋楽をカタカナで歌ってみるブログ

Viva la Vida~Coldplay~美しき生命 ヴィヴァ・ラ・ヴィダ~をカタカナで歌ってみよう

イギリスのバンド、コールドプレイのViva la Vida(美しき生命)。
ジャンルはバロックポップ。クラシックとロックが重なる、天高く響くメロディと、現代に通じる深い歌詞が、心を打つ内容です。

英語をそのまま読むと、歌いきれないので、ボーカルの声を再現するようにカタカナを書きました。(同じ単語(例:shield)でも、シードと聞こえる箇所とシーオと聞こえる箇所があります)。
タイミングに慣れてくると、語尾音のg,t,dや、聞こえなかった音が、自然に歌えると思います。不十分な箇所は手直しして下さい。

アイユーストゥ ルール (ザ) ワール
シーズ ライズェナ ゲイヴ ザワール
ナウインザ モーニンガイ スリープアローン
スウィプザ ストゥリーツァイ ユーストゥ オーン

アイユーストゥ ロールザ ダーイス
フィルザ フィーリンマ エネミズ アーイズ
リッスンナズザ クラーウッ(ドゥ) スィーング
ナウディ オキングズデッド ロンギンザ キング

ワン ミニライ ヘールザキー
ネクスト ウォーズ クローズン ドンミー
アンナ ディスカヴァザマ キャッソル スターン
アポーン ピラゾ ソール ピラゾ サーン

アヒー ジェールサレ(ム) ベルゼ リンギン
ローマン キャヴァリ クワイザ シンギン
ビーマイ ミラマイ ソードン シーオ
マミッショ ネーリズィノ ファーラ フィーオ

フォーサム リゾナイ キャーニ イクスプレイン
ワンスィユ ゴーゼワズ ネヴァ
ネヴァラオ オーニスト ワー
バッダワズ ウェンナイ ルールザ ワール(ド)

イワザ ウィキドン ワーヨ ウィン
ブル ダウン ドアーストゥ レットゥミーイン
シャド ウィンドウズノ サーウンドブ ジュラムス
ピポ クドゥン ビリーヴ ワッダービカム

レボリュショ ネーリズ ウェーイトゥ
フォマヘーッドンナ シルヴァ プレートゥ
ジャスタ パペットナ ロンリー ストゥリング
オー フードエヴァ ワトビ キング?

アヒー ジェールサレ(ム) ベルゼ リンギン
ローマン キャヴァリ クワイザ シンギン
ビーマイ ミラマイ ソードン シード
マミッショ ネーリズィノ ファーラ フィーオ

フォーサム リゾナイ キャーニ イクスプレイン
アイノゥ セイント ピラ ウォントゥ コル マイネイム
ネヴァラオ オーニスト ワー
バッダワズ ウェンナイ ルールザ ワール(ド)

オオオー オーオ オオオー オーオ
オオオー オーオ オオオー オーオ

アヒー ジェールサレ(ム) ベルゼ リンギン
ローマン キャヴァリ クワイザ シンギン
ビーマイ ミラマイ ソードン シード
マミッショ ネーリズィノ ファーラ フィーオ

フォーサム リゾナイ キャーニ イクスプレイン
アイノゥ セイント ピラ ウォントゥ コル マイネイム
ネヴァラオ オーニスト ワー
バッダワズ ウェンナイ ルールザ ワール(ド)

f:id:chipmunksmau:20180513021806j:plain

★直訳からの意訳です

私はかつて世界を支配していた
私が言葉を与えれば 海は上がる
今、この朝、私は一人で眠る
私のものだった道を掃いている

私はサイコロを振った
敵の目の中に映る恐怖
歌うような群衆の声が聴こえる
今、古い王が死んだ!
王よ、万歳!

私が鍵を握ると
次に私は壁に閉じこめられた
そして私の城は
塩の柱と砂の柱の上に立っていた

エルサレムの鐘の音が聞こえる
ローマの騎兵聖歌隊が歌う
私の鏡、剣と盾
異国の地の私の宣教師

説明できない何らかの理由
あなたは一度も行くことはない
正直な言葉はない
私が世界を支配した時のことだ

それは邪悪で激しい風
私を入れてドアを吹き飛ばした
砕け散った窓とドラムの音
人々は私がなすことを信じなかった

革命家たちは待つ
銀のプレート上の私の頭を
孤独なあやつり人形のように
誰が王になりたいというのだろうか?


エルサレムの鐘の音が聞こえる
ローマの騎兵聖歌隊が歌う
私の鏡、剣と盾
異国の地の私の宣教師

説明できない何らかの理由
私は知っている
聖ペテロが私の名を呼ぶことはない
正直な言葉はない
私が世界を支配した時のことだ

*Repeat

f:id:chipmunksmau:20180513021825j:plain

★あとがき

独特の世界観を持った、Viva la Vida。
歌詞の「王」が誰なのか、キリスト、モーゼ、ヘロデ王、シーザー、ポセイドン。
シェイクスピアリア王ヨハネの黙示録。様々な場面を思わせる言葉が並ぶ曲です。

退廃の街を去るようお告げを受けたロトという人が、妻と山を越えるシーンがあります。決して振り返ってはいけないと言われていたのに、妻は後ろを振り返り、塩の柱になってしまいます。塩と砂の柱の上に立つ城という歌詞で、その場面を思い出しました。
(このシーンは、天地創造という映画で見ることができます)。

f:id:chipmunksmau:20180513023615j:plain

★他の曲はこちらです

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com