ハグルの洋楽カラオケ~カタカナの歌詞で簡単に歌える~

80~90年代の洋楽をカタカナで歌ってみるブログ

大きな古時計★My Grandfather's Clockをカタカナで歌ってみよう~ヘンリー・クレイ・ワーク~

1876年に発表された、My Grandfather's Clock。こちらは、男性の声のバージョンです。大きな古時計は、すでに女性の声のバージョンを出していますが、男性の方、声が低めの方はこちらの方が歌いやすいかもしれません。歌い方が美しく、語尾まできちんと歌っているところがおすすめです。
大きな古時計:原曲→作詞作曲:ヘンリークレイワーク(Henry Clay Work)。他に平井堅のバージョンもあります。こちらも英語に忠実に歌っています。

マイ グランファザズ クロック ワズ トゥ ラージ フォデ シェゥ
ソ イッツ ストゥー ナインティ イァーズ オン ダ フロー
イトゥ ワズ トーラバイ ハフ ダン ディ オーゥドゥ マン ヒムセゥフ
ドウィッ(トゥ) ウェーイ ナッタ ペーニウェイトゥ モー

イットゥ ワズ ボートンダ モーン
オブダ デーイ ダ ヒーワズ ボーン
アン ワズ オーウェイズィズ トゥレジャー エン プラーイ(ドゥ)
バリッツ ストップトゥ ショートゥ ネーヴァ ダ ゴー アゲン
ウェン ディ オーゥ メーン ダーイドゥ

ナインティ イァーズ ウィダウ スランブリン
ティック タック ティック タック
ヒズ ライフ セカンズ ナンバリン
ティック タック ティック タック
イッツ ストップトゥ ショートゥ ネーヴァ ダ ゴー アゲン
ウェン ディ オーゥ メーン ダーイドゥ

イン ワーッチンギツ ペンジューナム スウィン トゥーエン フロウ
メニ アワズ ハディ スペントゥ ワイラ ボーイ
アンディン チャイルフーダン
メーンフッダ クロック スィム トゥ ノウ
アンドゥ シェー ボディズ グリー アンディズ ジョイ

フォリ ストゥラック トゥウェニ フォー
ウェンディ エンターレッデ ドー
ウィーダ ブルーミン エン ビューリフォ ブラーイドゥ
バリッツ ストップトゥ ショートゥ ネヴァー ダ ゴー アゲン
ウェン ディ オーゥ メーン ダーイドゥ

ナインティ イァーズ ウィダウ スランブリン
ティック タック ティック タック
ヒズ ライフ セカンズ ナンバリン
ティック タック ティック タック
イッツ ストップトゥ ショートゥ ネーヴァ ダ ゴー アゲン
ウェン ディ オーゥ メーン ダーイドゥ

マイ グランファーザ セッ ゼロブ ゾーズ ヒー クドゥ ハイ
ナラ サーヴァンソ フェイフォ ヒー ファウンドゥ
フォリトゥ ウェイステ ノ ターイメン ハッ バットゥ ワン ディザイア
アッダ クローゾビーチ ウィ トゥ ビー ワーゥンドゥ

アンディ ケープテンニッツ プレイス
ナラ フラウナ ポーニッツ フェイス
アンディッツ ハーンズ ネヴァ ハーン バイ イッツ サーイドゥ
バリッツ ストップトゥ ショートゥ ネーヴァ ダ ゴー アゲン
ウェン ディ オーゥ メーン ダーイドゥ

ナインティ イァーズ ウィダウ スランブリン
ティック タック ティック タック
ヒズ ライフ セカンズ ナンバリン
ティック タック ティック タック
イッツ ストップトゥ ショートゥ ネヴァー ダ ゴー アゲン
ウェン ディ オーゥ メーン ダーイドゥ

イットゥ ゥラーンガナ ラーミンナ デーロブダ ナイトゥ
アンナラーム ダッフォ イァーズ ハッビーン ダム
アンウィ ニュー ダッ ヒズ スピーリットゥ ワズ
プルーミン ヒズ フライトゥ
ダッディズ アワロ(ブ) ディパーチャー ハドゥ カーム

スティゥダ クロック ケプデ ターイム
ウィダ ソフテン マッフォ チャイム
アズウィ サーイレントゥリ ストゥー バイヒズ サーイドゥ
イッツ ストップトゥ ショートゥ ネーヴァ ダ ゴー アゲン
ウェン ディ オーゥ メーン ダーイドゥ

ナインティ イァーズ ウィダウ スランブリン
ティック タック ティック タック
ヒズ ライフ セカンズ ナンバリン
ティック タック ティック タック
イッツ ストップトゥ ショートゥ ネーヴァ ダ ゴー アゲン
ウェン ディ オーゥ メーン ダーイドゥ
イッツ ストップトゥ ショートゥ ネーヴァ ダ ゴー アゲン
ウェン ディ オーゥ メーン ダーイドゥ

f:id:chipmunksmau:20200902205533j:plain

★意訳です

棚には大きすぎた おじいさんの時計
90年 床の上に立ってきた
おじいさんより半分くらい背が高かったけれど
おじいさんの重さとほとんど変わらなかった

彼が生まれた日の朝に買った時計
いつも 彼の宝物であり誇りだった
でも時計は止まり 二度と動かなくなった
おじいさんが亡くなった時に

休むことなく90年
彼の人生を刻むように チクタク チクタク
時計は止まり 二度と動かなくなった
おじいさんが亡くなった時に

振り子が前後に揺れるのを見て
彼は少年時代を 何時間も過ごしてきた
子供から大人になるまでを
時計は知っているようだった
おじいさんの
悲しみと喜びの両方を分かち合った

彼が美しい花嫁を連れてドアを入ってきたとき
時計は24回鳴って祝福をした
でも時計は止まり 二度と動かなくなった
おじいさんが亡くなった時に

休むことなく90年
彼の人生を刻むように チクタク チクタク
時計は止まり 二度と動かなくなった
おじいさんが亡くなった時に

おじいさんが雇った人の中に
時計のように忠実なしもべはいなかったと言う
時計は時間を無駄にせず
望みは一つしかなかったから
毎週末にねじを巻くこと

その場所にとどまって
顔をしかめることもしない
そしてその手はぶら下がったことがない
でも時計は止まり 二度と動かなくなった
おじいさんが亡くなった時に

休むことなく90年
彼の人生を刻むように チクタク チクタク
時計は止まり 二度と動かなくなった
おじいさんが亡くなった時に

夜中に時計が鳴った
何年もの間 何も鳴らなかったのに
私達は彼の魂が天に昇って行くのを知った
おじいさんの旅立つ時が来たと

時計は時を刻み続けていた
優しくやわらかいチャイムの音とともに
私たちが彼のそばで静かに立っていたように
でも 時計は止まり 二度と動かなくなった
おじいさんが亡くなった時に

休むことなく90年
彼の人生を刻むように チクタク チクタク
時計は止まり 二度と動かなくなった
おじいさんが亡くなった時に

f:id:chipmunksmau:20200902205547j:plain

★My Grandfather's Clock lyrics

My grandfather's clock was too large for the shelf
So it stood ninety years on the floor
It was taller by half than the old man himself
Though it weighed not a pennyweight more

It was bought on the morn
of the day that he was born
And was always his treasure and pride
But it stopped short never to go again
When the old man died

Ninety years without slumbering,
tick, tock, tick, tock,
His life seconds numbering,
tick, tock, tick, tock,
It stopp'd short, never to go again
When the old man died

In watching its pendulum swing to and fro
Many hours had he spent while a boy
And in childhood and
manhood the clock seemed to know
And to share both his grief and his joy

For it struck twenty-four
when he entered at the door
With a blooming and beautiful bride
But it stopped short never to go again
When the old man died

Ninety years without slumbering,
tick, tock, tick, tock,
His life seconds numbering,
tick, tock, tick, tock,
It stopp'd short, never to go again
When the old man died

My grandfather said that of those he could hire
Not a servant so faithful he found
For it wasted no time and had but one desire
At the close of each week to be wound

And it kept in its place,
not a frown upon its face
And its hands never hung by its side
But it stopped short, never to go again
When the old man died

Ninety years without slumbering,
tick, tock, tick, tock,
His life seconds numbering,
tick, tock, tick, tock,
It stopp'd short, never to go again
When the old man died

It rang an alarm in the dead of the night
An alarm that for years had been dumb
And we knew that his spirit was
pluming his flight
That his hour of departure had come

Still the clock kept the time
with a soft and muffled chime
As we silently stood by his side
But it stopped short never to go again
When the old man died

Ninety years without slumbering,
tick, tock, tick, tock,
His life seconds numbering,
tick, tock, tick, tock,
It stopp'd short, never to go again
When the old man died
It stopp'd short, never to go again
When the old man died

f:id:chipmunksmau:20200902205610j:plain

★他の曲はこちらです

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com

foreign-songs.hatenablog.com